日本テーシーエル国際認証株式会社
お問合せ

ISO認証の流れ

ISO9001、ISO14001認証取得迄の流れ

ISOの目的及びプロセス

ISOとは国際標準化機構(International Organization For Standardization)を意味し、1947年スイス・ジュネーブを本部として設立されました。現在参加国は147ヶ国です。 ISO 9001・QMS (品質マネジメントシステム)の基本はPDCAのサイクルを基本としてクライアントの満足度向上を目的としています。

助成対象地域

会社所在地が東京に有る企業体が対象で費用はISO取得助成金を申請し取得する予定です。

ISO13485(医療機器マネジメントシステム)の取得に関して助成対象外の為必要な場合は別途費用の負担が必要になります。

認証取得セミナーに関して

ISO研修・セミナー(日本テーシーエル国際認証株式会社認定コンサルタント)がISO(QMS)9001(品質マネジメントシステム)ISO14001(EMS)(環境マネジメントシステム)取得希望事業体対象にマニュアル構築の為の講習を行います。

ISO規格マニュアルの要求事項・内部監査・審査済みマニュアルの解説・審査迄のプロセス・認証の為のマニュアル作成・マニュアルの作成の為コンサルタント作業一式・認証申請書類作成TCLの認定コンサルタントが認証確定迄責任を持って指導致します。

認証迄の時間の短縮

ISOマネジメントシステム認証取得希望事業体は取得に必要な書類を添えて、取得希望申し込み用紙に必要事項を記載して当社へ提出して頂きます。
取得希望事業体が多い場合は完全な資料が揃った事業体から認証の為のコンサルティングを行います。

採用マニュアルに関して

マネジメントシステムのマニュアルは日本テーシーエル国際認証株式会社が構築した認証済みのマニュアルを採用する事で大幅に時間を短縮でき認証取得が可能に成りました。

認証登録に必要な書類

会社の登記簿謄本・会社の経歴書・役員の経歴書・会社が持つ許可書・認可・認証を受ける範囲・従業員数・会社迄の地図・会社内部の写真

認証迄の期間

認証に必要書類・マニュアル(手順書)を完成した後30日〜90日以内

認証迄のプロセス

  • 日本TCL国際認証株式会社・取得迄の経費見積・各事業体がTCL宛に注文書を発行する。
  • 日本TCLのコンサルタントがクライアントと指導教育の予定を協議し取り決める。
  • 予定表に基づきISOのマニュアル作成の指導をコンサルティング始めます。
  • 完成したマニュアルに基づきISOの認証証明書を発行致します。

助成金の申し込み

ISOの認証証明書を取得後、全国都道府県で実施しているISO取得助成制度に申し込み助成金を受ける。(ISO取得支援 助成金実施都道府県ホームページ参照
都道府県により助成方式が異なる場合が有りますので事前に担当部署に問い合わせて確認を取って下さい。

1年経過後の内部審査

1年経過の3ヶ月前から1ヶ月前迄の間に認証事業体がISOのマニュアルに基づき順応しているかTCLの審査コンサルタントが事業体を訪問して内部審査致します。 審査後マニュアル改正が有る場合は改正し審査終了致します。後ISO更新認証証明書を発行致し更新手続きが終了致します。

環境マネジメントマニュアル作成・審査・現場審査・審査判定・認証行程

日本テーシーエル国際認証株式会社はISO 14001環境マネジメントシステム(EMS)の構築の為にTCLが開発した各事業体に即したマニュアル書式を採用する事で短時間で確実にISO14001の認証可能になりました。

お問合せ

当サイト「日本テーエルシー国際認証株式会社」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。