日本テーシーエル国際認証株式会社
お問合せ

ISO14001について

ISO14001(環境マネジメントシステム)を認証取得するメリット

世界共通認識の一つとして、地球環境悪化が進んでいることがあげられます。

そして現在、世界各国では公害対策・環境浄化に力を入れています。

1991年7月国際標準化機構(ISO)に国際規格制定の要請をしました。その後、専門委員会で議論等を重ね、1996年6月にISO14001環境マネジメントシステムが制定されました。

ISO14001環境マネジメントの認証を取得するメリット

  • ISO14001環境マネジメント認証取得で事業体の事業が国際的な環境問題に貢献している事が証明でき、企業イメージが向上いたします。
  • ISO14001取得事業体は各取引先または、顧客に同事業体が国際的環境問題をマネジメントマニュアルで管理された事業体である事で事業体のレベルの向上を認めて頂けます。
  • 事業体の認証取得で取引事業体の信頼性の向上と地球環境問題に貢献している事業体で有る事によりさらに高く信頼を勝得ます。
  • ISO14001認証取得で各事業体の信頼度、信用度、国際的イメージ、取引事業体に対してのイメージが向上し、営業活動が効率よく進みます。
  • 認証取得により環境問題が事業体の共通の意思伝達となり従業員の環境に対してのモチベーションが向上します。
  • クレーム処置のマニュアル化とその予防法の継続的改善策でクレームが減少します。
  • 環境マネジメントのマニュアル化をする事で事業体が国際問題に貢献している事を他の事業体によい影響を与えます。
  • 環境問題は事業体の社員教育の徹底により従業員の力量が向上し、事業体の業績が向上します。

ISO14001(環境マネジメントシステム)を短時間で認証取得可能です。

環境マネジメントマニュアルについて

日本テーシーエル国際認証株式会社はISO 14001環境マネジメントシステム(EMS)の構築の為にTCLが開発した各事業体に即したマニアル書式を採用する事で短時間で確実にISO14001の認証可能になりました。

ISO14001環境マネジメントに対する認識

現在多くのユーザーは事業体(企業)に対し環境問題に高い知識を持ち、環境に影響力を持つことから、製品及びサービスに対し高い影響力を持ち環境配慮型製品(環境にやさし製品・サービス)を選択して購入するような動きが高まっています。

各事業体(企業)は環境管理に貢献しISO14001の認証取得で環境に配慮した企業イメージを向上させる必要が出て来ます。

地方公共団体はISO認証取得の重要性を認識して認証取得の為の助成金をだしています。

環境管理の問題は民間企業のみに留まらず、地方公共団体がすでにこの問題に具体的に取り組み始めています。

日本全国47都道府県及び12制令都市の取り組みは『条例で環境管理・監査を位置づけている:28団体』『環境管理に関する研修会や講習会を実施した:19団体』『環境管理の規定を盛り込むことに付いて検討中:8団体』が行っており、更に、公共事業の入札などでISO9001・ISO14001の認証取得を条件にしている事例が多くなってきました。これも大きな後押しになっています。

そしてISO認証取得の重要性を認識している自治体はISO認証を取得する事業体に対し助成金を出しています。

お問合せ

当サイト「日本テーエルシー国際認証株式会社」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。